EXPANSION

井田歯科医院 拡大治療

 

デジタル画像管理

口腔内の状態を画像化し術前術中術後を記録し比較することで、細部にわたって治療の経過を観察することができます。特に多岐にわたる全顎治療の場合は必須と考えておりますので、当院では必要に応じて必ずデジタル画像管理による視覚化を心がけています。

 

歯科用顕微鏡【マイクロスコープ】、拡大鏡【サージテル】

最近、日本においても歯科の分野で拡大治療が重要視されるようになってきました。しかし、その普及率は全国の歯科医院の中でもたった数%と言われています。医学分野では内視鏡や手術時の拡大鏡使用は当たり前に行われています。拡大鏡を使用することは心臓の治療であっても歯の治療であっても治療の確実性、成功率を上げるために必須なのです。以前は肉眼で見えにくい所を経験と感で補ってきたことも多くありました。しかし医療技術と機材の進歩により今では拡大することで的確に、そしてより確実性を増した治療を患者さんに提供できるようになりました。